韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【57話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第56話 第57話 第58話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【57話】ネタバレ

からかい

白斗に与えられた紅明からの命令は梶内官を殺すこと。

突然のことに白斗は理解できず、その理由を聞き返す。

紅明曰く、昨日自分の可愛がっていた鷹を梶内官がケガさせたためだと。

その場にいる梶内官は焦り、稽古中に起きた事故だったと必死に言い訳をするが紅明には通じず、白斗に早く殺すよう命じる。

白斗は戸惑いグッと拳を握りしめて返答に困っていると、突如紅明が笑い出した。

ただからかってみただけだと言い、白斗を帰すのだった。

白斗は帰りながら、紅明は無鉄砲な性格だと思い少し気疲れした様子である。

すると少し先にはよろめきながら歩く先ほどの梶内官の姿が。

白斗は呼び止めようとしたものの、声は届かず、明日会った時に元気づけてあげようと思うのだった。

紅明という人間

翌日白斗が紅明の護衛につくと、梶内官の姿が見当たらない。

気になり他の内官の者に確認してみると、なんと梶内官は昨日処刑されたと言うのだ。

鷹をケガさせたからというのはあくまでも表向きの理由であり、元々生真面目だった梶内官のことを紅明が嫌っていたからだという。

紅明はそういう人間であり、気分を害すようなことがあれば見逃してくれないから気を付けたほうが良いと、その内官は白斗に忠告するのだった。

白斗の悩み

雪の降るある日、眞白と領主は白斗について話していた。

眞白は数年間稽古させたにも関わらず、出世してから一度も帰ってこない白斗に不満を口にする。

ちょうどその時、久しぶりに白斗が帰って来た。武術の大会で優勝し、褒美に休暇をもらえたのだと。

眞白は白斗に対して、紅明様の後をついて回ればいいだけじゃないのか?と毒づく。自分は話すことがないのでと言って白斗と領主を残し、その場を立ち去った。

白斗は少しうつむき、悲しそうな顔をするのだった。

部屋に入り領主と2人きりになった白斗は悩みを打ち明けた。

領主の教えは主君に絶対的な忠誠を尽くすこと。しかし仕えている主君の行動が、自分の信念と食い違っている場合はどうすればよいのかと。

その質問に対し領主は少し悩み答える。

主君の信念は自分の信念であり、主君に従って遂行する。

そう言い切るのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【57話】感想

ただからかっていただけかに思えた紅明ですが、まさか本当に梶内官を処刑するとは驚きです。

物語の序盤から描かれていた通りの冷酷な紅明らしい行為ですが。

そのことに悩んでいる白斗が相談すると、領主には主君に従うように言われてしまいましたね。

この言葉を白斗がどう受け入れるのかが気になります。

←前回 今回 次回→
第56話 第57話 第58話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.