韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【56話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第55話 第56話 第57話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【56話】ネタバレ

適任者

紅明の護衛につくということは次期領主になるも同然。

それだけに白斗が紅明の護衛に抜擢されたことに眞白は納得できず、領主である母に不満を述べる。

しかし領主は眞白の技量が白斗に及ばないとはっきり言いきってしまう。

何も反論できず、眞白は部屋を飛び出すのだった。

領主と2人きりになった白斗は紅明の護衛は眞白の任務であると主張するも、領主は眞白が護衛に向いていないと言う。

自分の感情を隠せない者に誰かを守ることは出来ないと。

そして白斗の実力は眞白以上だと改めて言う。

白斗はそんなことないと反論するが、気遣っているだけであることを領主はお見通しであり、眞白本人が誰よりも白斗の実力を認めていると告げる。

そこまで説得され、白斗は紅明の護衛を引き受けることを受け入れた。

ただし領主にはなれないという条件も付け加える。

領主は実力が全てはなく、周囲からの信頼が厚い眞白が適任者であると主張したのだ。

出発の日

そして白斗の出発の日、領主と眞白が彼のことを見送る。

領主は常日頃教えている護衛として王家に忠誠を尽くすことを、白斗に改めて心に刻むように言う。

続けて、そして領主に関しては…と言いかけると、白斗は自分の考えは変わらないと食い気味に言い強く主張した。

この件についてはここでも意見が一致することはなかった。

そして最後に白斗は眞白に対してたまに手紙を書くと言うも、必要ない!と眞白は拒否。

そして少し言いづらそうに、話があるなら直接言いにこいと伝えた。

眞白のその言葉に白斗は少し驚き、分かった!と言ってニコッと笑うのだった。

初めての命令

紅明と初めて対面する白斗。彼の優秀さは紅明の耳にも届いていた。

紅明は梶内官に命じ、白斗のために特別に用意した剣を持ってこさせる。

白斗は少し驚いた様子でその剣を受け取り、感謝の言葉を述べた。

そして紅明が早速その場で白斗への初の命を下す。

隣にいる内官を殺せ、と。

白斗はその意味を理解できない様子で戸惑うだった。

【56話】感想

白斗との別れの日に、手紙はいらないと拒否するも、言いたいことがあるなら直接言いに来いと言う眞白にほっこりしました。

きっと2人は馴れ馴れしくはしませんが、しっかり絆で結ばれているのかもしれないですね。

最後の紅明の命令は突然すぎて驚きです。さすが初っ端から冷酷さ全開ですね。。

←前回 今回 次回→
第55話 第56話 第57話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.