韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【55話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第54話 第55話 第56話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【55話】ネタバレ

眞白との関係

白斗のことを無視する眞白に、領主である母は眞白が一人っ子だから照れているのかも…と言う。

ただの恥ずかしがり屋なのだと思い、それから白斗は積極的に眞白に話しかけるも、無視し続けられてしまった。

眞白はここの子供たちの中心人物であり、他の子たちにも避けられてしまう。

そんな困っている白斗に、眞白に話してあげようかと領主が声をかけるも、白斗は自分で何とかするから大丈夫であると言う。

続けて白斗は、周りの子たちが受けている稽古を自分も受けたいと伝えた。

その家門は嘉国最高の武家であり、小さい頃から皆武術の稽古をしているのだ。

白斗のまさかのお願いに、領主は驚くも嬉しそうに微笑み、許可するのだった。

武術の才能

稽古を始めてまだ間もない頃、白斗はみるみる上達していた。

領主からも間違いなく才能があると褒められる。

続けて領主は、白斗の父は武術が嫌いだったから白斗も嫌がると思っていたと言う。

白斗の父は暴力自体嫌いで、だからこそ人の命を救う母に惹かれたのだろうと。

またある日、白斗は日が暮れるまで一人で稽古を続けていた。

剣を振り痛む手を見ていると、眞白が薬を渡してきて、その薬が一番効くと教えてくる。

眞白の意外な行動に白斗は驚きながらも嬉しそうな表情で礼を述べるのだった。

その日以降眞白は白斗のことを気にかけるようになり、周囲にも自然に溶け込めるように。

白斗は眞白の変わった理由について勝手に推測していた。

おそらく家門と武術に誇りを持っていた眞白は、剣と一族を捨てた自分の父が気に食わず、息子である自分も同じ道を歩むと思って冷たく接していたのだと。

武術の道を進んだことにより眞白の白斗への見方が変わったのかもしれない。

抜擢されたのは

そして平穏な日々が続くと思われたが、数年後に亀裂が生じ始める。

領主である母は紅明の護衛に眞白ではなく白斗を抜擢したのだ。

そのことについて眞白は母に理由を問いただし、声を荒らげる。

一方白斗は気まずそうな表情で戸惑うのだった。

【55話】感想

武術の道に進んだことにより、白斗と眞白の仲が解消され良かったと思った矢先、また亀裂が発生してしまいましたね。

白斗が紅明の護衛になった経緯はこれでわかりましたが、果たして眞白との仲は取り戻せるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第54話 第55話 第56話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.