韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【50話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第49話 第50話 第51話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【50話】ネタバレ

市場をぶらつく2人

紅蓮は持ち合わせのお金がなかったため、自身の耳飾りを装身具のお店に売った。

それは雲濤とお揃いで作ったものである。

そんなことは知る由もないが白斗だったが、紅蓮の所持品を売ってしまったことを気にしている。

自分が持っている物を売ったほうがよかったのではと。

とはいえ白斗は売れるものを持っておらず、剣でも差し出すつもり?と紅蓮に茶化されるのだった。

そして2人はそのお金で買った蒸し饅頭を頬張る。

食べ終わると、白斗は紅蓮にさっきの川に流された男の子を助けに行ったことについて謝罪した。

護衛としては紅蓮の元を離れるべきではなく、間違った判断であったと。

それに対し紅蓮は、もし白斗が助けに行かなければ自分が命じたと言う。

そして白斗のそういうところが好きだと微笑み、それを聞いた白斗は顔を赤くするのだった。

宿探し

降り止まない雨の中、風邪を引いてはいけないと2人は宿を探し始める。

しかし雨乞いの儀式を見ようと集まった人たちで、その日はどこも満室であった。

泊まるところが無く困り果てる2人だったが、そんな彼女らの元にふと子供が現れる。

それはさっき川に流されそうなところを助けた男の子であった。

【50話】感想

橋が壊れて村で待機するしかなくなった紅蓮と白斗ですが、一つ傘の下で市場をぶらつく2人の様子は微笑ましいです。

仕事のことや王宮のことなどは忘れて束の間の息抜きになっているのかもしれませんね。

最後に出てきた男の子はこの後の展開のカギになりそうな予感がしますね。

←前回 今回 次回→
第49話 第50話 第51話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ