韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【47話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【47話】ネタバレ

紫亜の焦り

紫亜は紅明一派を粛正した際に島流しとなり、のちに死罪になったとされてる。

紅蓮は、紫亜は兄妹の中で最も自分と関りがあった人物でもあり、そして誰より自分を苦しめた者でもあったと言い、昔のことを振り返っていた。

紅蓮がまだ小さかった頃。

雲濤の父から贈ってもらった2つの人形の内1つを紫亜に奪われていた。

雲濤は再度買って差し上げると言うも、紅蓮はどうせ奪い返すからいいと断る。

そして今までそのようなことはなかったのに、姉が自分に干渉してくるのかなと疑問を口にした。

その質問に対し雲濤は、紫亜は国王の愛を独り占めできた立場を紅蓮に脅かされ、焦っているのでしょうと答える。

そして紅蓮が紫亜の上を行く日も遠くはないと付け加えた。

紫亜の生死

そんな昔の出来事を思い返しながら、紅蓮は今の自分について考え込む。

紅蓮が上を目指したのは紅明よりも紫亜を意識していたからでもあり、頂点に立てば少しは楽になるとも思っていたのに…と。

紅明一派が処刑され、紫亜が島流しのため連れて行かれる際、彼女は紅蓮に対して呪いの言葉を残していった。

地の果てまで追いかけてでも殺してやると。

そして雲濤に不安ですか?と聞かれると、紅蓮は再び考え、奪われそうで不安だったものの中に雲濤もいたが今はもう…と心の中で思うのだった。

雲濤は、紫亜の件については自分のほうで調べてみると言い残し、部屋を後にした。

一人になった紅蓮の頭には不安がよぎっている。

もし紫亜が生きていたら何をされるかわからない。その前に自分の目で確かめなくては。

そう思い彼女も部屋を出て行った。

璃月と昌の企み

白斗は雨の中、下賜品を受け取る民を誘導する仕事についていた。

その最中、民衆の中に紅蓮らしき人物を目撃し、白斗は他の親衛隊員である昌にその場を任せて後を追いかけるのだった。

昌は白斗を快く送り出した後、上手く事が運んだなと一人呟く。

そんな昌の元に璃月が現れ、女王様を見かけなかったかと問いかける。どうやら紅蓮が無断で外に出て行方が分からなくなっているようだ。

見かけたら報告するように言われた昌は、他に命じられていた件は上手く解決したと報告する。

白斗のことである。

しかし自分から何も言わずとも何かを追いかけるように自らここを離れて行ったとも話すのだった。

【47話】感想

紫亜が紅蓮に呪いの言葉を残していったというのは不気味な話ですね。

きっとひそかに生き延びて紅蓮に仕返ししてくるに違いないと思ってしまいます。

また持ち場を離れた白斗に対して、上手くいったと言う昌と璃月らの企みは一体何なのでしょうか。

これまでの話で雲濤がそろそろ手を打たなければと言っていたのは、このことなのかもしれませんね。

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.