韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【41話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【41話】ネタバレ

紅蓮との約束

雲濤との話を切り上げ外に出た紅蓮は白斗と出くわした。

白斗は雲濤に帰るように言われていたものの、自分を呼び出したのは紅蓮であり彼女に会うまでは帰れないと待っていたのだ。

白斗はわざわざ外に出てきた紅蓮に、ご足労をおかけして申し訳ありませんと謝罪する。

それに対し、紅蓮は罰として織姫星でも取って来てと冗談を言い、クスっと笑う。

その言葉を聞いて白斗は織姫星を差し上げますと言い、星が良く見える物見櫓へ連れて行った。

白斗の忠誠

物見櫓から見える星空は絶景で紅蓮は目を輝かせ、白斗に礼を言う。

ここは白斗が警備の時によく星空を眺めていた場所だった。

手を伸ばしたら掴めそうだと身を乗り出す紅蓮に、彼女が落ちないよう白斗がとっさに後ろから支える。

2人の顔が近づき驚きの表情で少しの間見つめあった後、白斗は突然の行動に謝り、紅蓮も別に大丈夫よと気にしない素振りを見せる。

白斗が消えてしまった火を起こそうとすると、背を向けた紅蓮は顔を赤らめるのだった。

白斗が今日自分を呼び出した理由を聞くと、紅蓮は白斗が薦めてくれたお茶が気に入って一緒に飲みたかったのだと言う。

加えてそのお茶のおかげで熟睡できているのだとも。

ただ相変わらず紅蓮は悪夢を見ることには悩まされていた。

ここまで上り詰めるために犠牲にしてきたものの代償かもしれない。果たしてこの悪夢が終わる日が来るのだろうか…

そう悩みを口にする紅蓮に、白斗は自分も時々悪夢を見ることがあると言う。

それは紅明に仕えていた頃に多くの犠牲を出してきたことによるもの。

しかし今はその償いとして、紅蓮の側で国のために尽くすつもりであると。

そして自分が女王様を守ると強い口調で誓うのだった。

【41話】感想

物語が進むごとに、白斗がどんどん頼もしい存在になっていきますね。

身を乗り出した紅蓮をすかさず支える白斗はとにかくカッコいいです。

また紅蓮が悩まされている悪夢から解放される日が来るのでしょうか。もしかしたら白斗が導いてくれるかもしれませんね。

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.