韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【37話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【37話】ネタバレ

新たなお茶

普段木蓮茶しか飲まない紅蓮に、凛がいつもと違うお茶をに出す。

それは白斗の提案であり、顔色が優れないから睡眠の質を高めるために効くお茶だと言う。

そのお茶を口にした紅蓮は、これからはこのお茶を出してと注文するのだった。

俺が進めても木蓮茶しか飲まなかったのに、酷いですね。

そのようなことを言いながら風濤が現れると、久しぶりにその姿を見た紅蓮は驚いた表情を見せるのだった。

昔の紅蓮

風濤はこれまでずっと何度の実家に暮らしていた。

昔むち打ちの刑に処された身体のことを紅蓮が心配すると、何年も前のことであり傷跡は残っているものの大丈夫であると答える風濤。

また風濤は続けて、紅蓮の雰囲気が昔とはだいぶ変わったと言う。

兄のようになりたかった自分よりも兄に似ていると。

そして風濤にとっては昔のように談笑できる紅蓮のほうが良かったとも。

それを聞いた紅蓮は、そんなことを言うのは風濤だけと言いながらも、白斗は私のことをどう思っているのだろうと心の中で思う。

昔の私のほうが良いと思ってるのかもしれない。いずれにせよ心苦しい。

なぜ心苦しいのだろうか…?

そんなことを考えていると、再び風濤が話しかけ雲濤との婚礼を祝う言葉を述べた。

雲濤の父が風濤を王宮へ向かわせたのはそのためであった。

まだ婚礼の日取りも決まっていないのにせっかちな人ねと紅蓮が言うと、まだ報告を受けていないのですか?と聞く風濤。

紅蓮には知らされていなかったが、2か月後の19日に日取りが決まっていたのだ。

女王の寵愛

日も暮れてくるころ、風濤は部屋を後にし帰ろうとする。

すると白斗が呼び止め、雲濤に会うのであれば左から行くとよいと教えるも、風濤はこのまま帰ると言う。

兄弟同士顔も合わせないことに白斗は疑問を感じる。

風濤は話を変え、あなたが女王様を火事から助けた例のお方でしたかと聞くと、白斗その通りであると答える。

そこで風濤は、女王様の寵愛を受けているのは兄だけではないようですねと言いい、白斗は少し戸惑った表情を見せるのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【37話】感想

風濤に昔の女王様のほうが良かったと言われ、白斗は自分のことをどう思っているんだろうと紅蓮が思い詰める場面は、彼女の心情がすごく表れていると感じました。

以前の話で、今の自分になったのは雲濤のせいだと紅蓮は言っていましたが、後悔を感じていることはあるのでしょうか。紅蓮の心情の変化が気になりますね。

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.