韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【27話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【27話】ネタバレ

親衛隊長は誰に

親衛隊長は決まっている?

その意味を理解できない白斗に、親衛隊の一人が説明する。

親衛隊長は名誉ある地位であり、事実上雲濤と最も近い人物になるのだと。

その人物は雲濤の側近である璃月。

他の者が、刀で勝負しても勝てないからそんなことを言っているのか?と茶化すと、璃月は女王様が決める前にあらかじめ自分達で決着をつけておくのもよいではないかと言い出す。

璃月には勝てないであろうと他の者たちはその提案を辞退する。

その中で唯一勝負を受けて立ったのが白斗だった。

一騎打ち

カキーンッ!

白斗と璃月の一騎打ちが始まる。

剣が交わった一撃目、力は互角のようにも見えたが、白斗のほうが上手であった。

ハァハァと息を切らす璃月。

互角のように見えるのは白斗の躊躇によるものだった。

もしここで勝ってしまったら璃月が親衛隊長になった時に自分の立場が悪くなる。さらには親衛隊自体にも悪影響を与えるかもしれない。

ただ武士として、どちらが上かをはっきりさせたかったという思いから勝負を受けたのだった。

その戦いを見ている他の親衛隊の者は璃月が親衛隊長になるとも限らないと言い出す。

璃月が雲濤の側近であっても、結局決定を下すのは女王である紅蓮だからであると。

そんな話をしていると後ろから紅蓮と雲濤らが現れる。

勝負はついたようね。

そういう紅蓮の目線の先には、剣を弾き飛ばされ丸腰で倒れている璃月と、そんな璃月に刀を向ける白斗であった。

【27話】感想

以前剣舞は苦手であると発言していた白斗でしたが、やはり王族の護衛で一目置かれる存在だけあって戦いの腕は一級品と言うことですね。

一騎打ちの結果を見届けた紅蓮は果たして誰を親衛隊長の任命するのでしょうか。

また白斗を信頼する紅蓮と白斗を追い出したい雲濤の意見がぶつかる展開になるのかと思うとひりひりしますね。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.