韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【23話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【23話】ネタバレ

3つめの切り札

紅蓮たちは国王の葬儀に参列せず、雲濤の私家に身を潜めていた。

もし王宮に残っていれば国王の死の濡れ衣を着せられ、自分たちが殺されるのが目に見えていたからだ。

3つの内2つの切り札は揃っている。あと1つ手にすれば…、と雲濤が言う。

そう話していると、璃月が部屋に駆け込んできた。

命令通り内官を捕まえてまいりました!と。

そして璃月は内官が持っていたという書札を紅蓮に手渡す。

紅明の命令で関内官が淵国の将軍に手渡そうとしていた書札であった。

これで全部そろった。いざ王宮へ!

紅蓮の一行は王宮へ向け出発するのだった。

即位式での反乱

紅蓮たちが不在の間、王宮では紅明の即位式が行われていた。

式の途中、紅明を狙った矢が飛んできて、あわや顔の横をかすめる。

紅蓮率いる反乱軍であった。

立て続けに飛んでくる矢に、白斗が紅明を守りに入る。

この逆賊どもを取り押さえろ!俺はこの国の王だぞ!と声を張り上げる紅明。

よろめきながらも王の被り物を拾おうとするとした瞬間、その手を何者かが踏みつけ、紅明は悲鳴を上げる。

それは紅蓮であった。

膝をついて倒れこんでいる紅明を見下ろすように睨みつけ、のど元に剣を突き付ける紅蓮。

紅明は激高した。俺はこの国の王だ!これは逆謀だ!

紅蓮は不敵な笑みを浮かべ、逆賊はあなたではありませんか、と。

それでもいきり立ち激しく声を荒らげる紅明だったが、紅蓮は内官から押収した書札を取り出した。

それを見た紅明は顔色を変え動揺を見せる。

それをどうして…

紅蓮は紅明が国を売り渡すという悪事を働いていたことについて問い詰める。

あなたの時代は終わりです兄上…

その言葉に紅明は呆然とするしかなかった。

紅明らの処分

紅明側の者たちを生かしていても良いことはないが、大量に血を流すと逆に民の反感を買いかねない。

処刑はまず世子である紅明とその側近から行われた。

ザワザワと民衆たちが集まる中、紅明とその兄弟たちの首がさらされていた。

民たちの間にも間でも紅明が逆謀を企んだという話が広がり、そのため一番下の王女であった紅蓮が即位したということも受け入れられた。

集まった中の一人の者は、王が誰であれ民が豊かに暮らせればそれでよいと口にする。

民の反感を買うこともなく、紅蓮たちの思惑通りに事態を収束することができたのだった。

目線の先は

王の椅子に座り、伏し目がちに浮かない顔をする紅蓮。

雲濤は、お望みの座につかれたというのに…と気に掛けるように話しかける。

紅明を処刑して気が滅入っているのですか?と。

紅蓮は昔から見越していたことだからと否定し、外を見ている。

ではなぜ浮かない顔をしているのかと問いかける雲濤だったが、紅蓮が何かを見ていることに気づく。

目線の先には処刑のために牢に閉じ込められ、運ばれている白斗の姿があった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【23話】感想

王の地位に最も近かった紅明から王座を奪い取り、紅蓮が見事に女王となりました。

紅明との戦いがもっと長期戦で描かれるのかと思っていましたが、まさかの1話だけで片が付くという電光石火の展開に少し驚きました。

そして紅蓮が浮かない顔をしていた理由は白斗でしたか。処刑場に運ばれる白斗の運命がどうなるのか注目です。

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.