韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【20話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【20話】ネタバレ

特別な関係

ハァハァ…

剣舞を終えた紅蓮と白斗は息を切らしながら、お互いスッと剣を降ろした。

周りの者たちは2人の素晴らしい剣舞を見て息をのんだ様子で静まり返り、少ししてパチパチと拍手が沸き起こった。

舞台上から下がり、それぞれの場所に戻る紅蓮と白斗。

紅蓮の元には凛がお茶を持ってきて、剣舞を披露し終えたばかりの紅蓮にいたわりの言葉をかける。

そして紅蓮の剣舞を褒めると同時に、相手の人は親しい間柄なのですかと質問した。

ぶっつけ本番だったわりに息がぴったりに見えたと言う。

それは相手に技量があったからと誤魔化す紅蓮だったが、雲濤が見透かしたように話に割って入る。

雲濤のお見通しの様子に少しだけ焦りの表情を見せる紅蓮。

誤魔化そうとするも、ついにストレートな疑問を投げかけてくる。

”あの白斗という護衛はいつからお知り合いに?”という質問に、これ以上は雲濤を相手に隠しきることはできないと、紅蓮は正直に話し始める。

雲濤と出会う前、小さい頃に火事の中から助けてもらった過去があり、白斗は自分の命の恩人であると。

そしてそれ以来白斗のことを近くで見るのは初めてであるということも。

紅明の護衛が紅蓮を助けたという事実に、途中雲濤は少し驚いた表情も見せていた。

片付けるべき相手

そして宴が終わる。

紅蓮の見送りを受け、雲濤と父の濤武は王宮から居所へ帰るのだった。

帰路の途中、雲濤が神妙な面持ちで考え込んでいると、宴で何かあったのかと父が声をかける。

雲濤は、片付けるべき相手が一人増えたため考えているのだと。

濤武は父として息子である雲濤の苦しむ姿は見たくないと言い、雲濤の代わりに自分のほうで処理すると提案した。

そして片付けるべき相手とはいったい誰であるのかと問いかける。

雲濤は、”紅明の護衛の者”、つまり白斗であると返答するのであった。

【20話】感想

紅蓮と白斗の少し特別な関係が、周りの者や雲濤に感づかれてしまった話でした。

ただ終盤の雲濤と父が話す場面では、どうやら白斗のことを片付けようという穏やかではない展開になりそうな気配が感じられますね。

雲濤と父の濤武はどのような手を打ってくるのか、これからの展開が気になります。

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.