韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【19話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【19話】ネタバレ

紅蓮の相手

国王の前で剣舞を披露することとなった紅蓮。

相手役に婚約者の雲濤を呼んでくると紅蓮が言うと、紅明が横から口をはさむ。

剣舞の醍醐味は冷徹さであり、婚約者は相手としてふさわしくないと。

そして相手役として紅明は自身の護衛である白斗を推薦する。

国王も紅明の言うことに一理あると同意し、紅蓮もそれを了承して白斗を相手に剣舞を披露することに。

紅蓮はさっと舞台に移動する。

一方白斗は、自分は剣舞が得意ではなく他の者に変えてみてはと紅蓮に提案するも、推薦した自分の顔が立たないと紅蓮はそれを拒否。

さらには紅蓮のことが目障りで、これ以上自惚れさせてはならないと念押しして白斗を送り出すのだった。

2人の剣舞

ドンッドンッとどらの音で剣舞が始まり、2人は剣をかまえる。

紅蓮を目の前にした白斗は、ここであなたに会えるとは思いもしなかったと心の中で思う。

そして喜ばしいというよりもこの状況が気まずい、と少し曇った表情を見せる。

キーンッ!

剣が交わる。

紅蓮の剣を扱う技量は並大抵のものではなく、動きについて行けないと白斗は戸惑うものの、紅蓮の華麗な身のこなしで剣舞は続く。

紅蓮が自分のことを配慮してくれているような…と白斗が感づく。

一方それを見ていた婚約者の雲濤も何かを感じているような表情で剣舞を見守っていた。

カキーンッ!

激しく剣が交わりあうのを最後に、ハァハァと少し息を切らした2人の剣舞は終演するのだった。

【19話】感想

紅蓮にとって白斗は小さかった自分を助けてくれた特別な人であり、また逆に白斗も紅蓮のことを意識している様子です。

そんな2人の久しぶりの再会でいきなり剣舞を披露するとは、複雑な胸の内が想像できますね。

剣舞中は白斗目線で気持ちが語られていましたが、紅蓮は何を感じたのかが気になります。

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ