韓国漫画ネタバレ

雲が咲かせた花【18話】最新話のネタバレと感想!

LINEマンガで公開されている「雲が咲かせた花」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第17話 第18話 第19話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「雲が咲かせた花」の漫画は「LINEマンガ」で公開されています。


【18話】ネタバレ

国王との再会

国王に会うべく建龍殿の中に入って行く紅蓮と雲濤。

重臣たちが集まっているからと守衛の者に一度は入室を拒まれるものの、いいから通せと風格を見せる紅蓮。

無事中に入り、重臣たちに囲まれる中で国王に帰還の報告をするのであった。

諸国がどうだったか国王が問うと、紅蓮はそこで得られた経験やここ王宮内で活用できることなどを説明した。

国王は紅蓮の働きを褒め、彼女のために明日祝いの宴を開催すると言い、紅蓮もその計らいに礼を述べるのだった。

会議は終了し、部屋を出た重臣たちの間では紅蓮についての話題が話された。

2年前に王女を諸国へ行かせようと言い出したのは誰なのか。

すぐに引き下がるだろうと期待していなかったが、向こうの臣下を制し味方につけるとは。

重臣たちがそんな話をしているところに、一人の男が現れた。

雲濤の父親である天馬濤武だ。

息子の妻が大きな成果を挙げることができたと誇らしげに話し、重臣たちにも感謝の意を込めて贈り物でも届ける、と笑いながら通り過ぎていった。

重臣たち曰く、濤武を支持する者たちの威勢はすさまじく、国王までもが紅蓮を後押ししていることから次期国王の最有力候補である紅明の立場が脅かされるのではないかと。

王の座を巡って一悶着ありそうだなと話すのであった。

紅蓮の宴

翌日、紅蓮の帰還を祝う盛大な宴が開催される。

紅蓮と雲濤が係の者に席を案内されると、宴の会場を見渡した紅蓮は、控えめで何もできなかった小さい頃の自分が宴の席の片隅にちょこんと座っていた様子を思い返していた。

そこに現れた紅明。

今日の宴の主人公ではないか、と見下したような顔で話しかけてくる。

しかし紅蓮の目に留まったのは紅明の横にいる護衛の者。白斗だ。

紅蓮には小さい頃に火事の中から白斗に助けてもらったことがあり、白斗もまたそれを覚えていてお互いに目を合わせたのだった。

雲濤も彼女の様子に違和感を感じる。

紅明は現在の紅蓮を見て、大きくなったなと言う。

彼女を初めて見た宴では顔も見えないような席に座っていたのに、今では宴の主人公になっているのだ。

その言葉に礼を言う紅蓮。

しかし紅明は表情を変え、お前はここまでだ、と見下すように言ったのだ。

紅蓮は表情を変えることはない。

そうこうしていると国王が会場に現れ、ドンッドンッとどらの音で盛大に宴が始まった。

紅蓮は酒を持って国王のそばに行き、酒を注ぎながら、宴が退屈ですか?と話しかける。

国王はいつも似たような遊芸ばかりで退屈だと。そして紅蓮がまだ小さかった頃に見た剣舞を見たいという。

紅蓮の剣舞は諸国でも有名になっていた。

お許しをいただけるのであれば、と紅蓮は国王の頼み応じるのだった。

【18話】感想

傲慢な態度の紅明との再会し、見下すように言葉をかけられるも動じない紅蓮がかっこいいです。

また火事から助けてもらって以来再会する白斗を見た時の表情も印象的で、今後2人の関係がどうなるか注目したいですね。

←前回 今回 次回→
第17話 第18話 第19話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.