韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ21話】陛下、今度は殺さないでくださいの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「陛下、今度は殺さないでください」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第20話 第21話 第22話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「陛下、今度は殺さないでください」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【21話】ネタバレ

ラリエットに仕える理由

ラリエットはトリーに優しくするなとラペルトに言われ、どうにも納得がいかない。

何か問題でも?とラペルトに聞き返す。

するとラペルトは、お前みたいな者たちがトリーをどんな目で見てるか知っていると言う。上っ面だけのくせに、と吐き捨てるように言ったのだ。

確かにトリーを利用しようとしているのは間違っていないが、ラリエットはトリーが嫌いじゃないから優しくするのは当然だと感じた。

子犬みたいにちょこちょこついて来るなと言い、自分ではなくナイジェルやアルノルフの侍女になればよいと言ってくるラペルトだが、離れませんよ?とラリエットは食い下がる。

なぜそこまで自分に仕えるのか疑問に思うラペルト。

そんな話をしながらもタヌキの頭を優しくなでるラペルトを見て、ラリエットはゾッとする。

鳥肌が立つ。子供みたいで平凡に見えて気持ち悪い。怪物は生まれたときから怪物じゃなきゃ。人間らしい姿なんて見せないで。

心の中ではそんなことを思いながらも、言葉では裏腹にラペルトへの忠誠を誓う。

私のことを殺すにはもったいないと思ってくれたら嬉しいと。そして自分がただ使えたいだけでありベルーアは関係ない。それじゃ答えになりませんか?と言ってラリエットが引き下がることはなかった。

心の中では、私はあなたが怖いし嫌いだけど、それでも生き残るためには味方だと思わせなきゃいけないからと思っているのだった。

アルノルフとの遭遇

屋敷に帰って来た2人。

そこにいたアルノルフとたまたま出くわす。

彼に挨拶をするラリエットだが、やはりラペルトはアルノルフが嫌いなようで無視をする。

ラリエットがラペルトの侍女になるとは驚きだと言うアルノルフ。

自分やナイジェルに言ってくれたら、自分たちに付けるように取り計らったのにと言ってくるが、ラリエットはそこでもラペルトへの忠誠の姿勢を崩さなかった。

申し訳ないですが私はラペルト皇女殿下に仕えますと断言する。

その言葉を聞いて驚いたように彼女のほうを向くラペルト。まだラリエットのことを信じていなかったからこその驚きだったようだ。

まあこれで信じてくれるならよかったけど、と思うラリエット。

次の瞬間、アルノルフはラペルトの頬をバチンと叩くのだった。

【21話】感想

ラペルトの信頼を得るのは中々難しいですね。最後のラリエットの言葉で少しは信頼を得られたでしょうか。

突然ラペルトを叩いたあるのですが、きっと何か癇に障ったのかもしれません。この修羅場がどうなるのか気になりますね。

←前回 今回 次回→
第20話 第21話 第22話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ