韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ20話】陛下、今度は殺さないでくださいの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「陛下、今度は殺さないでください」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「陛下、今度は殺さないでください」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【20話】ネタバレ

タヌキを抱えたトリー

雪の中さむがっているラリエットに対して、ラペルト皇女は帰るようにと言う。

その言葉を、私のこと心配してくれた…?ととらえたラリエットだったが、付いて来るならうるさいから騒ぐなと指示するラペルト皇女。

ラリエットは、私のことを心配するような子じゃなかったわねと若干肩を落とすが、それでも4カ月前の会話よりは今日のほうが良いと感じた。

努力の成果かもしれないと。

そしてラペルト皇女が向かった先で、トリーの名前を呼ぶと、彼女がタヌキを抱えて草むらから出てきたのだった。

私の物

突然タヌキを抱えて出てきたトリーに驚くラリエット。

そのタヌキをはラペルト皇女のペットなのだという。

そのタヌキはラペルト皇女には懐いているというが、トリーは腕を噛まれて血を出していた。

大丈夫ですというトリーだったが、ラリエットは殿下は自分にまかせてと言って、治療のために屋敷へ帰らせる。

そしてラペルト皇女と2人になったラリエットは、トリーの手を噛んだタヌキに気を付けてと言い、なぜ野生動物なんて…と疑問を口にする。

すると、私以外の人にも懐いたらそれは私の物じゃないと言う。

その言葉に対し、私も殿下の侍女ですから殿下だけについて行きます、と勇気を出してラリエットが言うが、ラペルト皇女の反応は冷たいものだった。

いや…お前は私の物じゃない。私が手に入れた物はほとんどない。私の物にお前は含まれない。だからうざったい事するな。

そんな突き放す言葉をラリエットの耳元で言い、さらには、いくら力のない皇女でもお前くらい簡単に殺せるとまで言い放つのだった。

余計なこと

しかしその言葉を聞いてもラリエットの恐れているのは今のラペルト皇女ではなかった。

彼女が恐れているのは、この子がこれからなる「怪物」。

そしてラリエットは、もし私が心を決めればあなたを殺せると思いながら、その場にある石でラペルト皇女の頭を殴る光景を想像していた。

だがそんなことを想像しながらも、気分を害したならお許しくださいと謝罪の言葉を述べた。

相変わらず無表情なラペルト皇女の側に近寄り、隣に座るラリエット。

厳しい言葉を浴びせたにも関わらずその場を立ち去らないラリエットに対し、バカなのかアホなのか…とラペルト皇女は呟く。

そしてラリエットは、私が何か余計なことしましたか?と単刀直入に聞いた。

するとラペルト皇女は、自覚ないのか?トリーに優しくするなと言う。

それを聞いたラリエットは少し驚きの表情を浮かべているのだった。

【20話】感想

ラペルト皇女にとってトリーは特別な存在なのでしょうね。まさかトリーに優しくするなと言うとは。嫉妬でしょうか?笑

それとも何か理由があるのか、ラペルト皇女の心情が気になります。

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ