韓国漫画ネタバレ

逆ハーレムゲームの中に落ちたようです【27話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」のネタバレと感想になります。

登場人物やあらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

エクロットの忠誠心

ロビアは図書館内でエルドリアを見かけるが、声をかけそびれてしまう。

エルドリアは椅子に腰を掛け、エクロットに言われたことを思い出していた。

エクロットは彼女の愛人であるナドリカに手を出した宮人を全員処刑することを望んでいた。エルドリアはそれはダメだと話すが、彼は皇室のために徹底的に取締まりが必要だと言う。それはナドリカのためではなく、皇室の権威を守るためであった。

また彼はユリエルについて彼女に何か弱点を握られているのでは?と尋ねる。そしてエルドリアさえ命じてくれれば、内々に処理をするとも。

しかしエルドリアはそれを望んでいなかった。ユリエルはただの宮人ではなくエルドリアの秘密を知る唯一の人物でもあるから、どうしても殺すのはためらってしまうのだった。

エルドリアは自分の命令なら何でもできるのか、それが例え死ぬことだったとしても?と問う。するとエクロットは皇室に忠誠を尽くすのは臣下の道理として当然だと答えた。

彼らの処罰についての話はもう聞かないとエルドリアが言うと、エクロットは今日はこれで失礼しますと退席するのだった。

エルドリアはエクロットが死も辞さず忠誠を捧げる相手が自分ではないことに不安を覚えた。もし本物の皇女ではないとバレた時に、自分を殺してしまうのではないかと思ったのだった。

ロビアの過去と皇女との出会い

図書館でいつの間にか寝てしまったエルドリア。

寝てしまった彼女を見ながら、ロビアは過去の自分を思い出した。

地方貴族ながらも、コネもなく皇室図書館の首席司書になれた。

しかし何百年と高位貴族や子孫などで権力は固定されており、彼はそれ以上の地位に上がるのは難しかった。

ロビアはこの成功で満足しようとしたが、自分の才能を生かしきれない仕事にだんだん飽きて行ってしまった。

そんな毎日を過ごしていたある日のこと。

仕事場で寝てしまったロビアに、女性が近づく。それに気づいたロビアは目を開けようとするも、女性は手で彼の目を隠し「目を開けないで」と言った。

そして、その女性は「会えてうれしいよ、ロビア」と言い、ロビアが再び目を開けた時にはもうその姿はなかった。

それがエルドリアとの最初の出会いだった。

そんなことを思い出したロビア。彼は目の前で眠るエルドリアに顔を近づけるのであった。

【27話】感想

今まではエクロットのことを疑う気持ちがありましたが、今回の彼を見て皇室への忠誠心がすごいのだなと思いました。皇室のためにこうした方がいいとしゃべり続ける彼に、エルドリアは少しうんざりした感じでしたが(笑)

ロビアとエルドリアは図書館で過去にこんなことがあったんですね。彼女の言ったうれしいという言葉が何を指しているのかは謎が残ります。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.