韓国漫画ネタバレ

銀光の魔界王【11話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「銀光の魔界王」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「銀光の魔界王」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【11話】ネタバレ

いざ王宮へ

リュカレシアンは牛のような獣と戦い、剣術と魔法で見事に倒していた。

その様子にパチパチと拍手をするバラークは、俺の教え方が良かったんだなと自画自賛する。

すでにあれから一週間が経過しており、その日は王宮に向かう日であった。

リュカレシアン、アスタロット、バラークらは早速王宮へ向かうための支度をする。

魔王の服を着たリュカレシアンは、まるで本物のような立ち姿であり、バラークはその様子に驚きの声を上げていた。

一方アスタロットはリュカレシアンに、王宮で自分とバラークに敬語を使わないようにと指示する。

魔王の権威は絶対的なものであり、周りの者に悟られるわけにはいかないからだ。

早速出発しようとアスタロットは、王宮一階のメインホールに繋がっている転移魔法陣を召喚する。

王宮では外部からの侵入を防ぐための防御魔法がかけられているため、代わりに指定の転移魔法陣を使うのだと。

アスタロットは最後に、お前は俺にとってたった一人の魔王だから自信を持って行動しろと言い、リュカレシアン自身もやってやろうじゃないかと気合を入れて王宮へワープするのだった。

第一声

王宮では人々がざわついている。

10年も音沙汰なかった魔王が本当に来るのだろうかと疑っていたのだ。

そこにリュカレシアン、アスタロット、バラークらが魔法でワープしてきて姿を現した。

本当に姿を現した魔王に人々は歓声を上げるが、リュカレシアンは人の多さに圧倒される。

それでも今日までの努力を思い出し、最善を尽くそうと心に決め、第一声を発する。

みんな久しぶり!元気にしてたかい?

その魔王が言いそうもないような言葉に、人々は戸惑いざわつきおかしな空気に。

たったの3分でアウトだ…とアスタロットとバラークは頭を悩ますのだった。

【11話】感想

魔法や剣術などはしっかり教えられたリュカレシアンでしたが、元のリュカレシアンがどういう人格だったかまでは聞いていなかったのでしょうね。

第一声で疑われてもおかしくない言葉を発してしまいましたが、この修羅場をどのように乗り越えるのでしょうか。気になりますね。

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「銀光の魔界王」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.