韓国漫画ネタバレ

銀光の魔界王【10話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「銀光の魔界王」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第9話 第10話 第11話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「銀光の魔界王」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【10話】ネタバレ

ネビロス・ベリート

「あの者」が相手でも問題ないと思うか?

アスタロットのその問いに、バラークとハルパスは少しの間答えに詰まり、それは何とも…と言う。

下手をすれば新しく見つけたユアンの魂まで奪われてしまうかもしれないのだと。

そしてその者の捜索はバラークが任されているが、まだ見つけることができていないとのこと。

もし見つけた場合はその場で息の根を止め、例の物を回収するようにアスタロットは指示するのだった。

ハルパスが横から、リュカレシアン様にはいつ話すのですかと聞くと、アスタロットは話さないと答える。

魔王にまで不安になられては困ると言い、王宮に入るまで口外しないようにとバラークとハルパスらに言う。

ハルパスは一足先に王宮へ向かうと言い、後のことはバラークに任される。

2人が退室した後、アスタロットは険しい顔で、決して思い通りにはさせないぞネビロス・ベリート!と言うのだった。

虹の巫女の目覚め

夜、耳飾りをつけたある男が山小屋に入って行った。

山小屋の中には手を縛られて拘束された女が泣いている。

男はナイフを取り出し、お前のような平凡な人間が一番目の封印の要だったとはなと言う。

そして、目覚めよ!と言いながら男が女の腹をナイフで刺すと、女は光に包まれる。

虹の巫女よ目覚めるのだ!と男が叫ぶと、女は顔つきが変わり目を開いた。

彼女は、我が名は「ガーネット」と名乗り、そして彼女を目覚めさせた男こそがネビロス・ベリートであった。

ガーネットは天界王の守護者である第一の虹の巫女である。彼女は忠誠を誓うようにネビロス・ベリートの手の甲にキスをするのだった。

夢に出てきたのは

リュカレシアンは剣に刺されるような殺気を感じて目を覚ます。

バラークが彼の枕元に剣を突き刺していたのだ。彼が殺気に反応できるかを試していたという。

バラークは、訓練を始めるから早く来いよと言って部屋を出て行く。

リュカレシアンは寝ながら彼に刺されそうになったことにブツブツ不満を言いながらも支度を始める。

そして、さっきのってただの夢だよなと言いながら、先ほどガーネットを目覚めさせたネビロス・ベリートの顔を思い浮かべていたのだった。

【10話】感想

ネビロス・ベリートは不気味ですね。

これまでカジュアルな描写が多かったこの物語の中で、ちょっとピリッとしたシリアスな空気も漂ってきました。

リュカレシアンはネビロス・ベリートの夢を見ていたようですが、彼らの精神はつながっていたりするのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第9話 第10話 第11話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「銀光の魔界王」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.