韓国漫画ネタバレ

エルスカル~宝石の一族〜【12話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「エルスカル~宝石の一族〜」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「エルスカル~宝石の一族〜」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【12話】ネタバレ

皇子との初対面

フォネ婦人はビオルラを呼び出し、公爵が宮入りする際に一緒に会うことを望んでいるのだと言う。

ビオルラは急遽皇子と顔を合わせることに。

周りの使用人たちが皇子の容態悪化の話をしていると、ビオルラは心の中で考えていた。

同じ人間に毒殺されそうになった皇子…その人間も人間のことが嫌いなのかな?と。

そして公爵とビオルラは皇子の部屋を訪れた。

皇子はビオルラの想像とは違い、とても幼かった。

そして皇子と話す公爵は、自分と話していた公爵とはまるで別人のように優しい顔をしていたのだった。

母のようなビオルラ

皇子との挨拶もほどほどに彼らは退室し、公爵とビオルラは2人で少し話すことに。

公爵は昨夜の出来事についてフォネ婦人から連絡を受けており、大変だったなと彼女を気遣う。

そして大丈夫そうな彼女の姿を見て、少し安心した様子であった。

最後に公爵は、引き続き皇子にしっかり仕えることと、皇子の傍で仕える時間が増えるにつれて救われるランエ族の数が増えることを忘れるなという言葉を残していった。

天気のいい日、皇子はフォネ婦人やビオルラらと共に庭で過ごしていた。

そして彼はビオルラとお茶をしたいのだと。

皇子は、彼女の髪を見ていつも綺麗だと言い、特に日に当たる姿を見るとまるで母上のようだと言う。

いつも母が恋しくても思い出さなかったが、彼女の金髪が母と似ているからか、最近は母が自分の傍にいるような気がすると話すのだった。

【12話】感想

今のところ皇子はビオルラに対して好感を抱いてそうな様子で安心しました。

意地悪な下女だったモニカたちの話では、皇子は使用人が死んでも気にしないような人だと言っていましたが、本当なのでしょうか。

皇子がどのような人物なのかは大事なところなので注目したいですね。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ