韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ6話】暴君の姉として生きるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の姉として生きる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の姉として生きる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【6話】ネタバレ

アリシアが狙う結婚相手

ここから自分の力だけで抜け出すのは不可能だと感じるアリシア。

誰かの助けを借りる必要があるから結婚したほうが良いと考えていた。

そして彼女は小説の登場人物を思い出す。

まずはトーマス子爵。彼は皇帝に憤りを全身で受け処刑されるからダメである。

次にアレスの腹心ウェリントン卿。彼は若い娘に色目を使うから夫婦としては難しい。

そして商人のランスロット。彼はブリッシュ帝国に滞在した日々は少なかったが、アレスの誠実な友人で経済的後援も惜しむことはなかった。

アレスの引き留めにも関わらず、彼はブリッシュ帝国を去るのである。

そんな条件から、自分がここから抜け出すための結婚相手としてピッタリではないかとアリシアは確信する。

ランスロットには経済的に余裕があり、しかも自らブリッシュ帝国を立ち去っていく。さらには主人公アレスの友人で後援もしていたのなら、その妻になれば殺されることはないだろうと考えるのだった。

直面した問題

ランスロットと結婚するために直面した問題、それは彼がアリシアのことを知らないのだ。

しかしこの美貌をもってすれば何だって出来るはず。決戦の日は男たちが最も油断する戦勝記念日の日よ!と彼女は狙いを定める。

彼女の計画は、まずランスロットと夜を共にすること。それから彼のことを捕まえるのだ。

小説ではイゼットと出会う前のアレスは豪快に酒を酌み交わす人物であり、それは妹の原作を指摘した優菜の意図でもあった。

主人公はいくら完璧でも夜は豹変しなければというのだ。

結果として小説は破廉恥なものとなったが、それがまた爆発的な人気を博した要因でもある。

そんなやや放蕩な主人公とバランスをとるために慎ましやかな友人ランスロットが登場するのだ。

彼は貴族家の私生児で財力を持ち合わせていたが、小説では主人公に助力したうえで音沙汰もなく去っていく人物なのである。

いざランスロットに元へ

アリシアはバーボン男爵家のアドリアの所へ行くとカイザーに嘘をつき、戦勝記念パーティーに参加するべく出かけた。

目的はもちろんランスロットと出会うためである。

しかし彼女はパーティーに参加するとは思えないほど地味な服を着ている。そのダサさはカイザーに指摘されたほどだ。

全身を覆う地味な茶色の服であるが、実はその服の中は露出多めの格好をしており、それでランスロットを落とそうという作戦なのである。

そのような準備をしたうえで、いよいよアリシアは戦勝記念パーティーに参加するのだった。

【6話】感想

ランスロットに対して色仕掛けで落とすと言うのがアリシアの作戦というわけですね。

弟のカイザーにもバレないよう嘘をついて戦勝記念に参加するようですが、彼女の作戦は果たしてうまくいくのでしょうか。

彼女にとっては処刑を免れるための命がけの作戦なので、どうにか頑張って欲しいところです。

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ