韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】暴君の姉として生きるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の姉として生きる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の姉として生きる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【15話】ネタバレ

侍女たちがするイヤリング

最初から侍女たちのするイヤリングだって言ってくれればよかったじゃないですか。

そう言うジョルジュの報告に、どういうことだ?と聞き返すアレス。

ジョルジュが調べてきたところによると、そのイヤリングは確かにランスロットの言う通り数年前に流行ったものらしいが、皇女のお下がりでもあるのだと。

流行は宮廷で生まれたりするが、皇女が飽きた物を侍女たちに譲るらしい。そして侍女も貴族出身で皆流行に敏感なため、快く受け取るふりをして捨てたりするのだという。

そのため、その流行の過ぎたイヤリングは侍女たちがするものだとジョルジュは突き止めたのだ。

皇女といえばイゼット皇女のことかと言うアレスは呟くのだった。

欠席の知らせを取り下げろ

ジョルジュがアレスに報告する中、ノエルも知っていることについて口にする。

それはアリシアがランスロットを探していたということ。彼の商団に就職したいという話や、お金に困っていそうだったという話もした。

アレスがランスロットが今どこにいるかと聞くと、今日宮廷に行くようですとウェリントンが話す。

近々式典が開かれる関係で、宝石の取引をするためにイゼットと会うのだと。

またウェリントンが思い出したように、その式典の招待状が届いていたことと欠席すると返事したことを報告した。

その欠席の知らせる物を今宮廷に向かわせているところらしいが、アレスが気が変わったのか、その知らせを取り戻すようジョルジュに指示する。

普通に行けば間に合うかわからないところだが、近道のミナス断崖を超えて取り戻してくるように命じ、ジョルジュはげっそりとするのだった。

リノス商談が近くに

宮廷ではアリシアがアリスと共に失くしたアクセサリーを探したが、やはりどこにもないようだ。

イゼットの要求で式典に身に着けて行かなければいけないのに、どうしようかとアリシアは頭を悩ませている。

するとアリスは、類似品でも買ったらどうですか?と提案した。

彼女曰く、今ヘロズ宮のほうが騒がしいらしく、どうやらリノス商団が来ているというのだ。

それはランスロットの商団でもあり、アリシアはパアッと笑顔になって目を輝かせるのだった。

【15話】感想

アクセサリーは侍女たちが身に着けるようなものということで、それをアリシアに譲ったイゼットは性格悪いですね。お前はこれでもつけてろという感じなのでしょうか。

また普段式典を欠席するアレスですが、どうして今回は突然参加しようと思ったのでしょうか。そこの心情変化が詳しく描かれていないので気になるところです。

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ