韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ23話】暴君旦那が変わりましたの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「暴君旦那が変わりましたのネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君旦那が変わりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【23話】ネタバレ

策略通り

ま…まさかずっと話を逸らしてたのも皇帝が邸宅を操作する時間稼ぎのため…!

ベトリーチェ公爵はカーリッドたちの策略を知り、途端に青ざめる。

カエスはガクガクと震え、反逆は誤解であると主張し始める。兄としてのお願いだと言ってイドリスに命乞いを始めるのだった。

その言葉にイドリスは呆れたようである。彼女は過去にカエスから兄と呼ぶなと言われていた。

今更私の兄だと自称するなんて、兄を名乗るには手遅れよカエス。

そう言うイドリスに対し、身の程知らずが…!とカエスは激昂するが、彼女はそんなカエスの頬をバチンと叩く。

いつか私にも愛情をくれると思っていた自分が馬鹿だったと言い、イドリスの怒りは収まらないのだった。

カーリッドは剣を取り出し、彼らをその場で処刑しようとするが、イドリスがそれを止める。

カーリッドの手を汚したくないということと、彼女が望む罰を彼らに与えたいと思っていたのだ。

イドリスの希望通り、その場で始末することはなく、ベトリーチェ公爵とカエスは縄で縛られ地下牢へ連れて行かれるのだった。

イドリスの望み

そしてカーリッドと2人きりになると、イドリスは彼女の望む罰を話し始めた。

彼女が望むのは、彼らの1番大切なものを奪うこと。公爵家の人間は自分だけを愛しており、自分の体に流れる血に権力があると考えている。

だから権力、富、名誉を奪ったうえで、処刑することはなく、賎民に成り下がって生き続けることを望むと言うのだ。

彼ら死ねば全て忘れられてしまうが、私が受けたように辛い目に会わせなければ。

イドリスはそう思っているのだった。

イドリスの願いだから当然カーリッドはそれを受け入れる。処刑を止めるには皇帝に申し入れるしかないが、どんな手を使ってでもそうするからと彼は約束するのだった。

ベトリーチェ公爵家の問題について、計画通りに事を終えた2人は満足げに抱き合いキスする。

ただイドリスはまだ不安を感じていた。

本当に終わったのだろうか。苦しかった過去も、迎えなければならなかった死も、全部終わったのだろうか…

イドリスはそのような不安を拭いきれずにいるのだった。

【23話】感想

ついにベトリーチェ公爵家の者たちが捕らえられ、罰せられることになりましたね。

イドリスに酷いことをしてきた者たちなので清々しました。

しかしイドリスはまだ不安を感じているようで、その不安が現実のものにならなければ良いのですが。今後の展開に注目です。

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ