韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ22話】暴君旦那が変わりましたの最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「暴君旦那が変わりましたのネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君旦那が変わりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【22話】ネタバレ

反逆罪の証拠

ベトリーチェ公爵邸には皇帝が派遣した騎士たちが突入していた。

何が何でも食い止めねば!と言い焦るケオン。

なぜなら父が反逆に加担する貴族を募ろうと書いた書信や、違法で魔剣を製造する方法が書かれた文書が残っているからだ。

全て皇帝陛下の命令だと言う騎士たちに、ケオンは青ざめる。

彼の抵抗もむなしく、文書は簡単に見つけられ、その場で罪人として捕らえられてしまうのであった。

計画通り

一方のカーリッド大公城では順調にことが運んでいた。

カーリッドはベトリーチェ公爵とただ時間稼ぎの為だけの話し合いを終え、イドリスの母ハイニをカーリッドの別荘へ向かう馬車に無事乗せることが出来た。

ただ、あの馬車はどこへ?と聞いてきたベトリーチェ公爵の勘の良さには、カーリッドも少し引っかかるのであった。

そして夜、カーリッドの元には皇帝からの秘密の書信を伝達する鷹が到着した。

皇帝からの伝言、それはベトリーチェ公爵の邸宅から反逆を計画していた証拠が見つかったというもの。

公爵はこれで逃げ道はないと言い、笑みを見せるカーリッド。

イドリスのほうは少し複雑な心境でいたようだ。

ついに…ついに終わるのね。これで死の脅威から抜け出せる。でも何と言うかこの気分…清々したけどどこか苦しい…そんな複雑な気分だわ。

彼女はそう思っていた。

しかしカーリッドにギュッと抱きしめてもらい、安心するのだった。

罠にはまったベトリーチェ公爵

翌日カエスはカーリッドに対して噛みついていた。

おかしいじゃないですか。採掘権の協議のために呼んでおいてきたものの関係ない話ばかり…

そのようなことを口にして不満を言う。

さらには公爵邸の召使であるハイニも、私達の物なのに帰ってこなかったと。

するとカーリッドは笑みを浮かべながら、君の言葉には3つの間違いがあるようだと話始める。

1つ目は、ハイニはイドリスの母であり、大公の義母を召使いとして扱うことは許されないということ。

2つ目は、ハイニは自らの意志でカーリッドの保護下に来たこと。

3つ目は、今からベトリーチェ公爵たちが所有できるものは何もないということ。

反抗的な態度を見せていたカエスの横で大人しくしていたベトリーチェ公爵だが、カーリッドの話を受け、いくらカルテスの大公でも今日の行動は目に余る!と彼も反発する。

するとカーリッドは、皇帝が騎士を派遣しすでに公爵邸から反逆の証拠が見つかっていることを話す。

イドリスもカーリッドに話をふられると、情けないですねと彼らを蔑む言葉を口にした。

採掘権を渡すつもりもなかったし、お前たちが自ら落とし穴に入って来たんだ。馬鹿みたいに。

そう言い、カーリッドは笑みを浮かべるのだった。

【22話】感想

全てカーリッドと皇帝の思惑通りに計画が進んでいますね。

イドリスが複雑な心境でいたようですが、彼女が最後まで躊躇することがなければいいのですが。

酷い扱いを受けた過去を思い出して、ちゃんとやり返してほしいです。

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ