韓国漫画ネタバレ

姉が男主人公を拾ってきた【11話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「姉が男主人公を拾ってきた」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「姉が男主人公を拾ってきた」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【11話】ネタバレ

猛毒の実テテス

夜の森に生息するテテスは、はじける時に出る液体と煙が生物にとって猛毒であると説明するエイミー。

一時的に麻痺させるだけのタルロの粉とは違う、猛毒のテテスをどうやって持って来るのかとノクスは言った。

それを聞いたエイミーは、ノクスに対し「衝撃を与えずに枝を切ることはできますか?」と無茶を承知でお願いしてみる。

ノクスはエイミーに荷物を預けると、見事な剣さばきでテテスの実を傷つけることなく切り落として見せた。

剣の使い方を覚えていないはずのノクスの腕前に驚くエイミー。

ノクスは、「剣を振るう度に使い方を思い出すのだ」と呟いた。

剣を渡すことで、本来戻るはずのないノクスの記憶まで戻してしまったらどうしよう、とエイミーは一瞬頭を悩ませるが、まずはここから抜け出すことが大事だと切り替える。

エイミーの作戦

ここから逃げるには二つの道がある。

エイミーはそう言って地面に地図を描いた。

グルリルースが集中している方とは別の道を使って逃げるために、自分はテテスを使って嗅覚を麻痺、ノクスは大きな石を使って聴覚を麻痺させてほしいとエイミーは指示を出す。

そうしてグルリルースをパニックに陥らせたのち、別の道から行くというのがエイミーの作戦だった。

ノクスはその作戦を了承すると、エイミーの指示で思いきり石を投げつける。

その石が派手な音を立てて粉々に砕けたのを見たエイミーは、どれだけ力が強いのかと顔を真っ青にしながら走り出した。

「さっきのようにつかまれ!」ノクスは走り出したエイミーに呼び掛けると、エイミーを抱え上げて走り出す。

そのスピードの速さに、人間の体力とは次元が違う、とエイミーは更に驚いた。

特別な存在

「何かが追ってきている」ノクスがそう呟くと、後ろにはまだグルリルースが迫っていた。

驚くエイミー。こうなってはもうひたすら逃げるしかない。

エイミーはノクスにつかまりながら、残りの道のりを必死で祈った。

「…助かったな」二人は、家の前の庭で重なるように倒れて息をついていた。

「どこかケガはありませんか?」そう問うエイミーの手は赤く腫れていた。

ノクスは改めて、ノクスのために危険をおかすエイミーにとって、自分が特別な存在でないはずがないと主張する。

エイミーはそれを否定はしなかった。ノクスは更に続ける。

「昼間は子供になる人間だから特別というわけじゃない」「お前は大人の男を拾った」ノクスの要領を得ない説明に、エイミーは、ノクスが望むことを教えてほしいと言う。

それを聞いたノクスは「今夜は俺の隣で寝ろ」と言った。

「お前に会えるのは夜だけなのに、俺を避けているだろう」それを聞いて慌てるエイミー。

しかしノクスは続ける。記憶を失ったノクスが知っている人間はエイミーだけであること。

「何もしないからオレの隣で寝ろ」ノクスは改めてそう言うと、エイミーに体重を預けるように抱き着いた。

そんなノクスの背中に手を置いたエイミーは、ノクスの背中から血が流れていることに気付くのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【11話】感想

見事ピンチを切り抜けた二人ですが、ノクスは大きなけがを負ってしまいました。

次回、エイミーはどんな行動をみせるのでしょうか。

また、ノクスの拙い「寂しさ」への表現にキュンとなってしまう回でした。回りくどくもストレートなノクスの言葉には、ついドキドキさせられてしまいますね。

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.