韓国漫画ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【26話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「悪役のエンディングは死のみ」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第25話 第26話 第27話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪役のエンディングは死のみ」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【26話】ネタバレ

昨晩の出来事

主人公が黙って外出したことを謝ると、公爵はまたそれかと言う。

そして、なぜ許可なしに屋敷を出たのか、そして朝押しかけてきた輩は何なのか、公爵が問う。

主人公は一呼吸置いてから、昨晩の出来事について話し始めた。

許可を取らなかったのは、病み上がりの上、夜は危険だからと反対されるかと思ったから。

そしてこっそり屋敷を抜け出そうとした時に、兄たちに見つかり、お祭りについて来てもらったと。

途中で2人とはぐれてしまったところに、タチの悪い貴族に酷い目に合わされそうになり…

それを聞いた公爵はそれはどいつだ!と、声を荒げた。

主人公がたしかクロードという名前だったと答える。

そして奴隷競技場から逃げていたイクリスに偶然出会い、助けてもらったと。

イクリスは助けてくれた代償に捕まってしまい、命の恩人である彼を1億もの大金を払って買ったのだと。

専属護衛として

バンッ。

扉が開くと、デリックが主人公に詰め寄った。

今までどこに行ってたのだと。

彼は、主人公がいなくなり一晩中探していたのだった。

そして、万が一でもお前が…とまるで心配しているかのような言葉をかける。

ペネロペのことを軽蔑していたはずのデリックは、必死の顔をしていたのだった。

すると、話の途中だと公爵がデリックを制止する。

公爵は、主人公の言い分はわかったが、イクリスをここに連れてくる必要はなかったのでは?と問う。

主人公は、武術に優れる彼を見習い騎士として受け入れてほしいとお願いした。

奴隷に剣術を習わせることに反対なデリックが口を挟むが、主人公はイクリスを私の専属護衛にするつもりだと答えた。

すでに公爵家に仕える2万人の騎士がいるという公爵に、主人公は今まで彼らの中で自分の評判が悪く護衛をつけえもらえなかったことを指摘した。

そして、自分を守る意思のない騎士に守ってもらいたくないと。

主人公は専属護衛は自分で選ばせてほしいと公爵とデリックに再度お願いをした。

主人公は内心こう思った。2人は反論なんてできないはず。昨夜の不祥事は公爵家全体の責任であるんだもの。護衛の有無は、イクリスをこの屋敷に入れ私のそばに置く口実である。

すると公爵は重い口を開き、とりあえず…と言うのだった。

【26話】感想

また勝手な行動をした主人公に呆れて怒る公爵でしたが、主人公のことを本当に心配する様子もあり父親の愛情を感じました。主人公が「いずれは結婚して…」と言った時なんか、過剰に反応していましたし。彼にももし好感度のゲージがあったらどんどん上がっているのだろうな~と思います。

主人公は専属護衛という建前でイクリスをそばに置くことを望んでいますが、公爵はどうのような決断をするのでしょうか。次回、その答えに注目です!

←前回 今回 次回→
第25 第26話 第27話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ