韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ17話】悪党の愛娘になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪党の愛娘になりました」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪党の愛娘になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【17話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

天魔に迫られた二択

刺客たちを一掃した天魔は、気を失った楽雨蓮と天理花を抱えて宮殿に帰った。

天理花を布団で寝かせ、その傍らで天魔は考え事をしていた。

今回のように自分と親しい者が危険にさらされ、そして無残な死を迎えた者が数多くいたと。

娘にはそんな目に遭ってほしくないため、彼はこれまで必死に距離を置いて過ごしてきたのだ。

それにも関わらず今回天理花が危険にさらされてしまったのである。

天魔は二択を迫られていた。さらに手に届かないほど遠く距離を置くことで娘を危険から守るべきか、それとも傍にいて命がけで守るほうがよいのか。

距離を置くのであれば、殺されたと偽り天魔神教とは遠く離れた場所で生活させるということになる。

しかしこれまでも十分距離は置いていたにも関わらず娘は襲われてしまったのだ。

天魔は決心し、魔教の高手を集結させるよう隠霊に命じるのだった。

北海氷宮と黒狼を滅ぼしに

天魔は、屍王ら十大魔神を呼び出した。

まずは屍王に天理花を治療する。彼女の内功は底をつきているが、一か月ほどあれば自力で回復であろうと。

それならば十分な時間だと言う天魔。

彼は十大魔神たちに、北海氷宮と黒狼を滅ぼすぞと声をかける。一匹残らず抹殺しろと。

十大魔神たちは天魔の意思に従い、屍王もどうやら意気込んでいる様子だ。北海氷宮には借りがありましてのう…と言い、屍王はニヤッと不敵に笑っている。

そして天魔は、眠っている天理花の頬を優しく撫で、もう二度と怖い思いはさせん!私がお前を守る!と心の中で誓うのだった。

それから間もなく、天魔からの招集を受けた魔教の高手たちが宮殿に続々と集まって来た。

宮殿の屋根の上に旗を掲げながら立っている天魔。皆の者が彼のほうを見上げる。

そして天魔は、これからひと月のうちに北海氷宮を消す!と高々に宣言した。

この天魔の娘に手を出した罪の重さを全ての者に思い知らせるのだとも。

天魔を先頭に、十大魔神らと魔教の高手たちは北海氷宮を滅ぼしに向かうのだった。

初めて知る事実

暫く眠っていた天理花はついに目を覚ました。

刺客に襲われたときに氷木の白牙にありったけの内功を注ぎ込んでから、それ以降の記憶がなかった。

なによりもまず、楽雨蓮は大丈夫だったかな?と彼女は心配する。

天理花が目覚めたことに気づいた徐鈴はすぐに駆け寄って来て、安心したように抱きしめた。

ずっと眠っていた天理花のことをだいぶ心配していたようだ。

それから天理花は眠っていたときのことを徐鈴に聞く。

どうやら楽雨蓮はとっくに回復してすでに修業中であると。

また今回の事件で、北海氷宮と中原最大の殺し屋組織である黒狼が滅びたということも。

その話に驚く天理花。北海氷宮は決して簡単に滅びるような小さな門派ではないからだ。

それから徐鈴曰く、今回の天魔が北海氷宮を滅ぼしたのは、天理花の存在を世に知らしめるためだという。

これまでは天理花を危険にさらさないために表向きには娘の存在を隠して、距離を置いていたこと。また今回方針を変え、娘に手を出したらどうなるかを逆に世の中に知らしめたということ。

そのようなことを徐鈴は説明した。

天理花にとっては全て初めて知ることである。世の中に対して自分の存在が隠されていたということも、それが自分を守るための父の優しさだということも。

まさかの事実に天理花は戸惑っているが嬉しそうでもある。

それから徐鈴はこう言う。

お嬢様は教主様のたった一人の愛娘で、魔教における最も尊き存在であると宣言されたのですと。

私が…魔教で最も尊き存在…?と思い、天理花はキョトンとするのだった。

【17話】感想

娘とさらに距離を置くか、それとも傍で守りぬくか、二択を迫られた天魔は傍にいるほうを選んだというわけですね。それで北海氷宮と黒狼たちを滅亡させ、娘の存在を世に知らしめたと。

北海氷宮と黒狼たちとの戦いは描かれることもなく、天理花が目覚めたときにはすでに滅びた後でした。

徐鈴から真相を聞いた天理花は嬉しかったでしょうね。これまで父が自分に興味を示さなかったのが、自分を守るためだったなんて。

これからは本心を隠すことなく娘に愛情を注いで過ごしてほしいところですが、天魔の娘への接し方がどうなるのか注目どころです。

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ