韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ13話】悪党の愛娘になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪党の愛娘になりました」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪党の愛娘になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【13話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

3年経ったある日の夜

楽雨蓮が天理花を突き放してから、3年の月日が経った。あの日から楽雨蓮はまた閉関修練のために洞窟へ籠ってしまった。

そしてある日、徐鈴は用事があって村に行くと言う。夜中におひとりで外に出てはいけませんよと天理花に言い残し、徐鈴は出かけて行った。

徐鈴が不在の夜、天理花は一人で布団に入り、眠りにつこうとしている。

楽雨蓮はどうしているのかななどと考えていると、氷木がツンツンと彼女の背中を突っついた。

また内功のおねだりかと思い、最初は相手にしていなかった天理花だが、しつこく氷木が突っついて来る。

いい加減にしなさいと言って彼女が氷木を握ると、次の瞬間不気味な気配が感じられる。おそらく氷木が異変を教えてくれたのだろう。

恐る恐るへやを出てみると、血の匂いが漂ってくるではないか。念のため以前もらった投げつけると爆発する赤い硝子玉を携え、そろりそろりと暗い廊下を進む。

するとそこには覆面をかぶった男がいて、侍女に刀を突き刺し何やら尋問しているではないか。どうやら天理花の居場所を聞き出そうとしているようだ。

しかし侍女はいくら痛めつけられても口を割らずに我慢している。

早く助けを呼んでこなきゃと思った天理花だが、次の瞬間覆面の男に見つかってしまうのだった。

北海氷宮の刺客

侍女を尋問していた怪しい覆面の男に見つかってしまった天理花。

覆面を取るとそこには口が裂けた怖い顔が。もっと怖い師匠に口を引き裂かれたのだと言いながら、その男は不気味に笑っている。彼は北海氷宮が送りつけた刺客のようだ。

逃げようとする天理花に対し、その刺客はすぐに殺そうとするわけでもなく、どうやら遊びたいようだ。

それから恐怖のかくれんぼが始まる。

天理花は氷木に導かれる方向に走り、ある部屋に逃げ込んだ。

暗い部屋の中で、刺客に見つからないようにうずくまりながらシクシクと泣く天理花。しかし刺客の足音は確実に近づいてい来る。

見つかるのも時間の問題かと思ったその時、天理花様…と耳元で囁く声が。

顔を上げると、何とそこには閉関修練中で籠っているはずの楽雨蓮がいるではないか。

楽雨蓮…?と言って戸惑う天理花に対し、お怪我はありませんか?と彼は優しく声をかけてくるのだった。

【13話】感想

天理花が生まれたときから始まったこの物語ですが、ストーリーがサクサク進んで展開が早いですね。

あれから3年が経ち、天理花もだんだん大きくなってきました。それに、助けに来てくれた楽雨蓮も端正な顔立ちになってきて中々のイケメンです。

刺客が迫ってきている状況ですが、果たして2人は助かるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ