韓国漫画ネタバレ

悪党の母になりました【14話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「悪党の母になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪党の母になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【14話】ネタバレ

早めに仕事をするカシウス

カシウスは早朝から仕事をすることにした。

午後に用事があるためその前に仕事を終わらせるためだ。

しかし今日に限って仕事が多くカシウスは苛立つ。

これが最後の書類という段階でカシウスは椅子を投げ捨てる。

その様子に「そんなに急ぎの用事なのか」と驚く使用人たち。

「今から外出する、今日はこれで」と言いながらカシウスが立ったとき、部屋の扉が開き、使用人が「旦那様!大変です」と言いながら入ってきた。

「何事だ」と聞くカシウス。

毒の保管庫で

カシウスは毒の保管庫に来た。

そこにあったのは瓶が割れて床にこぼれた毒とそのそばで震える男だった。

カシウスは「まずは換気をそれと周りに誰も近づけるな」と執事に言った。

「毒には様々な種類がある、長い時間をかけて症状が現れるものや少量でも致命傷になる毒、そしてニオイを嗅ぐだけで命に関わる危険な猛毒まで、よりによってその猛毒が割れてしまうとは」とカシウスは思った。

カシウスは「全員外へ出ておけ」と使用人たちに言った。

そして震える男に「これはどういうことだ」と聞いた。

怖がりながら謝罪する男。「謝罪より先に質問に答えろ」と言うと、男は更に謝ろうとした。

カシウスは男に剣を突き出す。

「さっさと質問に答えろ、さもなければこの剣でお前の喉を貫く」とカシウスが言うと、男は「急に腹を壊して少し席を外し、戻った後棚を片づけていた時に手が滑ってしまって」と答えた。

どんな罰でも受けるという男にカシウスは「ここを管理してどのくらい経つんだ」と聞いた。

男は「5年でございます」と答えた。

カシウスは「この部屋では基本的に席を外すことはない。帝国にある全ての毒を管理している危険な部屋なので席を外すときは必ず報告するのが先なのだが」と思い、「まるでわざと割ったかのようだな」と言った。

男は毒に侵され手遅れのようだ。

だがこの男が危険を冒してまで瓶を割る理由はないように思えた。

毒の部屋の管理者を執事に任せるカシウス

カシウスは部屋を出ると「医者を呼んで鎮痛剤を、ただし外部とは接触できないように監禁しておけ」と執事に言った。

執事は「今後の毒の部屋の管理ですが、1カ月は代わりの者がいない」と伝える。

更に「使用人たちの中に薬草を採取している者がおります、旦那さまもお会いになりますか?」と執事が言うと、カシウスは「もちろん」と答えようとして、外を見て「もうこんな時間か、遅くなってしまう」と思った。

カシウスはその件を執事に任せることにした。カシウスは今から行くところがあると言った。

「毒の香りが付いたままで行くのはマズイ、彼女には危ないからな」と考えた。

【14話】感想

カシウスはロゼリアとアインのところへ行きたいようですね。昨日のアインの挑発を根に持っているのか、それとも仲のいい二人の間に入りたいのか。

毒の保管庫では毒のニオイを嗅ぐだけで死に至るような猛毒があるとは驚きです。

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.