韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】悪女メーカーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪女メーカー」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女メーカー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【14話】ネタバレ

呪術師と大魔術師

アイラとキリアンの前に現われた大魔術師セプティムス。

キリアンは彼と話があると言って、アイラを残しどこかへ行ってしまった。

彼女が見たところ、セプティムスはキリアンの言葉に対してビクッと怯えているように反応していた。

大魔術師は手ごわい相手のはずなのに、呪術師のキリアンを怖がっているような感じがするのだった。

キリアンがどこかへ行ってしまい、ベルナーもシャーロットもまだ姿を現していない。

アイラがやることもなく佇んでいると、彼女を馬鹿にするような話声が聞こえてくる。

嫌いなら放っておけばいいのにと思うアイラだが、彼女はこの小説を書いたときのことを思い出した。

それは舞踏会でアイラを怒らせて暴走させるため、わざと陰口を聞かせるようにしたのである。

令嬢たちはその小説のシナリオ通りに動いているだけであり、全て作者の自分のせいだと感じるのだった。

とはいえ、彼女は自ら作ったこの小説の世界の法則を捻じ曲げるためにここに来たのである。

アイラは小説のシナリオ通りにはならないよう振舞おうとするのだった。

陰口を叩かれるも

家柄のおかげで社交界に留まっていられるくせに偉そうにして…!

そのような悪口が聞こえてくるが、アイラは全く相手にせず、無視し続けた。

たったそれだけのことなのに令嬢たちは酷く悔しそうにしているではないか。向き合ってみたら大したことないなとアイラは感じる。

悪口を言っている令嬢たちの中心核にはコートン伯爵家の令嬢がいて、アイラは彼女に話しかける。

アイラの家門であるメルテンシア公爵家は代表的な貴族派であり、同じく貴族派の家門についての情報をアイラは丸暗記している。

顔や名前、仕事などは大体のことは知っているのだ。

話しかけたコートン嬢はアイラと同い年の20歳である。

アイラのことを悪女だと思っているコートン嬢は、頬でも叩くつもり?やってみなさいよ!と思い構えるが、当然今のアイラはそんな愚かなことはしない。

ニッコリと微笑んで愛想良く挨拶をすると、コートン嬢も少し拍子抜けしたようである。

そしてアイラは、伯爵にもよろしくお伝えくださいと言う。

何のことか分かっていないコートン嬢だが、アイラはコートン家が東大陸の商品の独占権を得た話を持ち出したのだ。

無知なはずのアイラがそんな難しい事業の話をするとは…と動揺するコートン嬢だが、知ったかぶりに決まってるわ!と相変わらずアイラのことを見下してくるのだった。

父の地位を利用して

アイラが難しい事業の話を持ち出したのに対抗するように、コートン嬢は話題の香辛料の話をし始めた。

あなたは知らないでしょうと言わんばかりに、自慢げにその話をしてくる。

周りの令嬢たちもコートン嬢に便乗するようにその話に乗っかり、アイラのことを見下してきた。

そんな見え透いた挑発に対し、アイラはキリアンの教えを思い出し、冷静に考えていた。

貴族同士のいさかいでは冷静さを失った方が負ける。悪名も結局は関心であり、その関心を利用して誰も逆らえない悪女に生まれ変わるのだと。

そしてアイラは、その香辛料なら何度も味わいましてよと穏やかな口調で答えた。

食べたことあるなんて嘘よ!とコートン嬢は思い、アイラの言うことを信じる様子はない。それにその香辛料はコートン家が独占流通しているはずだと。

しかしアイラは、その香辛料の味を的確に説明し、それに加えメルテンシア家がコートン家の事業に最も多くの投資をしていて、流通権もすべてメルテンシア家が持っていると笑顔で言い返す。

だから私がコートン嬢より先に商品を見るのは当然でしょう?と。

そんなアイラの言葉に、コートン嬢は何も言い返すことが出来ない。

初期のレテ帝国において、全ての伯爵家はメルテンシア公爵家に従属する家臣であった。中には力をつけて独立した家門もあるが、コートン伯爵家は明らかに格下である。

アイラが公爵家のお荷物的な存在であるとはいえ、伯爵家の令嬢に馬鹿にされるような身分ではない。

たとえ父ビンセントにゴミのように思われているとしても、彼の地位を利用させてもらう。

アイラはそう思っているのだった。

【14話】感想

自分の作った小説の設定により周りから悪口を言われるのは複雑な気持ちになりますね。

それでもアイラは令嬢たちの悪口に全くひるむことはなく、むしろ完全に上回っていました。コートン嬢を言い負かしているところはスカッとします!笑

とはいえ彼女の悪名は広く知られているので、その評判を覆すのは難しそうですが。今回の舞踏会で上手く立ち回ることは出来るのでしょうか。続きが楽しみです。

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ