韓国漫画ネタバレ

悪女は2度生きる【8話】最新話のネタバレと感想!

 

ピッコマで公開されている「悪女は2度生きる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女は2度生きる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【8話】ネタバレ

陛下への忠誠心と心遣い

セドリックは、皇帝に対し逆心を抱けというかと怒った。

アルティゼアは跡継ぎの問題がなぜ逆心になるのかと問う。

現在、皇太子はいないのだから、セドリックにも皇位継承権があるのだ。

国民の平和を願うならば、セドリックが皇帝になるべきだとアルティゼアは言うのだった。

兄のローレンスは残虐であり、ロイガール大公も欲深い性格だから、二人のどちらかが皇位を継いだとしても帝国は地獄を見ることになるだろうとも。

これ以上は聞きたくないとセドリックは去っていく。

いきなりの話であるから、セドリックが考える時間も必要だろうと思うアルティゼア。

アリスが、アルティゼアを心配して声を掛けてくる。

セドリックがすごい剣幕で怒った様子で出て行った事を気にかけたのだった。

予想していたと答えるアルティゼア。

夕刻も過ぎ、あたりは暗くなった。

アリスは帰るか聞いたが、もう少し待つと返答するアルティゼアだった。

アリスは、もうさっき帰ったのにと疑問を呈する。

そこへ声を掛けてきた人がいた。

西部軍に所属しているベンジャミン・コーナーであると。

セドリックからの命令で、アルティゼアを屋敷までの護衛をしに来たというのだ。

嬉しそうなアリスと対象的な表情のアルティゼアがいた。

キーショア卿との出逢い

暗くなった道を馬車が進んでいく。

そこに検問をしている様子が見えた。

西部軍の服を着ていることを指摘され、何の用だと尋ねられるコーナー。

コーナーは、セドリックの命令でアルティゼアの護衛をしている事を伝えた。

検問にいた人物はセドリックの名前に驚いた。

そして、アルティゼアの方に近づく。

ごきげんようと声を掛けた相手はキーショア卿。

こんな時間にどうしたのかキーショア卿。

アルティゼアは、教会からの帰り道であり少し遅くなったと。

それでも西部軍との関係は不思議がるキーショア卿。

アルティゼアは、教会へ行く道で馬車が壊れていたところを助けられたと答える。

そして、護衛がいないからコーナーをつけてくれたんだと。

キーショア卿はその姿を見て、大人になったと喜んだのだった。

それを聞いたアルティゼアの頬は紅潮する。

この先はキーショア卿が屋敷まで護衛することとなった。

コーナーは、ここで失礼することを申し出る。

アルティゼアはコーナーにお茶の誘いをする、近衛兵の護衛があれば安心だと言うのだった。

キーショア卿に、教会からもらった祈祷用のロウソクを娘のミエルさんにも渡してとアルティゼアはお願いする。

娘が喜ぶと笑顔で答えたキーショア卿。

キーショア卿とミエルの親子の話を楽しんでいたのだった。

アルティゼアは話が盛り上がったところで、キーショア卿がいるということは皇帝もこちらに来ているのかと尋ねる。

皇帝への挨拶

屋敷に戻った時、アリスに用意していた例のものを皇帝の侍従に渡すよう指示した。

アリスは心配をするが、アルティゼアはそれでいいと答えた。

ある部屋の前に到着したアルティゼアはおもむろに銀貨を取り出し、侍従に銀貨を手渡した。

そして扉の前で、ミライラの娘アルティゼアが皇帝陛下へご挨拶に上がったことを伝えたのだった。

【8話】感想

忠誠心があるセドリックは皇帝への逆心などと怒ったけど、ちゃんとアルティゼアが危険にならないようにと護衛を派遣してくれるので優しいのだなと感じました。

そして、途中の検問で出会ったキーショア卿とも親子で仲がいいことが垣間見れてアルティゼアは周りに恵まれているんだなと思いました。

アルティゼアが皇帝へ何をいいに言ったのか気になります。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女は2度生きる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.