韓国漫画ネタバレ

悪女は2度生きる【16話】最新話のネタバレと感想!

ピッコマで公開されている「悪女は2度生きる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪女は2度生きる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【16話】ネタバレ

忌々しい過去

アルティゼアは改めて、自分がローサン侯爵家を継ぐためにミライラが直系の子孫を皆殺しにしたのだと言う。

ハンソンは苦悶の表情を浮かべ、身体は怒りで震えいていた。

そして、当時のことを思い浮かべるのであった。

ハンソンの娘が、これ以上争ってはいけないことを進言。

しかし、ハンソンは証拠があるんだと。

それでもミライラの罪が確定する前にハンソン家は皆殺しにされると諭される。

誰も守ってなどくれぬと。

誰が犯人か分かっているのに見て見ぬふりなど出来ないと声を荒らげるが、証明されたところでローサン家を継ぐのはアルティゼアだと言われる。

ミライラの罪を明らかにすることはアルティゼアにとって母の敵を作るだけだというのであった。

ハンソンは皆を集め、名を捨てることを伝えた。

それ以外に生きる道はないと。

家族には名を捨てることを言ったが、ハンソン自身はスラム街に身を潜めていても名を捨てられずにいた。

彼にとってはその名は名誉だからだ。

例えミライラに見つかり殺されようとも構わないと思っていた。

ローサン家としての謝罪

ハンソンは改めて、アルティゼアに自分に会いに来た理由を問うのだ。

アルティゼアはまずは謝罪をさせてくれと申し出る。

母親の代わりではなく、ローサン侯爵家の最後の子孫として家臣を守れなかったと謝りたいのだと伝えた。

ずっと頭を下げているアルティゼアの姿にハンソンは目頭が熱くなり、ついに涙が溢れたのだった。

セドリックはその様子を見て安堵していた。

ミライラに対するセドリックの動き

一方ミライラは荒れていた。

執事に対して、もう一度報告せよと命令する。

執事はセドリックに、なぜアルティゼアではなくミライラの言いなりになっているのだと問いたのだ。

それを聞いたミライラは激昂した。

執事はさらに、ローサン家の主人であるアルティゼアにこの事を報告するとまで言ったとのこと。

ミライラは、反論しなかった事を責める。

しかし、執事は反論など立場上出来ないと伝えるのであった。

ミライラは、手の動きだけで水を要求する。

そして、水を飲みながらなぜセドリックとアルティゼアは知り合ったのか考える。

自分よりも美貌も魅力もないと思っているアルティゼアがどうやって大公などと、と。

その時扉をノックする音が響いた。

扉を開けると別な執事が。

執事はセドリックからの使いが来たと伝えに来たのだ。

さらに、舞踏会からふたり揃ってどこかへ出掛けたことも伝えられた。

そしてその帰りをミライラはローサン家で待つように指示したのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【16話】感想

ミライラの代わりに謝罪するのではなく、ローサン家最後の子孫としての謝罪ということで本気でセドリックを皇帝にする覚悟があるんだなと感じました。

セドリックもミライラに対する動きを見せてきました。どんな事を仕掛けるのか気になります。
これからが楽しみになりました。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

「悪女は2度生きる」のネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.